スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学生物② 植物の分類

双子葉類 そうしようるい Dicotyledons; Dicots
種子植物の分類の一つです。種が発芽(芽や根っこが出てくること)したときに、一番最初に現れる葉を子葉といいます。その葉が2つ出てくる植物を双子葉類といいます。子葉はその名の通り「子どもの葉っぱ」というイメージを持てばよいと思います。

単子葉類 たんしようるい Monocotyledons; Monocots
種子植物の分類の一つです。子葉が1枚の植物を単子葉類といいます。 

合弁花類 ごうべんかるい Sympetalae
被子植物の分類の一つです。花びら(花弁;かべん)が合わさって1枚になっているものを合弁花類といいます。

離弁花類 りべんかるい Archichlamydeae

被子植物の分類の一つです。花びらがくっついていなかったり、花びら自体がない植物を離弁花類といいます。

シダ植物 しだしょくぶつ Fern
シダ・ワラビなど、維管束があって、かつ、胞子によって増えていく植物をシダ植物といいます。

コケ植物 こけしょくぶつ Bryophyte
コケなど、維管束がなく、かつ、陸上にある植物をコケ植物といいます。

藻類 そうるい Algae
簡単にいうと、種子植物・コケ植物・シダ植物のどれにも属さない植物の総称を藻類といいます。藻類は、コンブ・ワカメからクラゲやサンゴ、バクテリアまで含むとてもメンバーの幅が広いグループです。

ルーペ;虫眼鏡 むしめがね Magnifying glass; Hand lens
ルーペはレンズによって物体を拡大して見るための器具の総称です。しかし、ルーペと言えば虫眼鏡(ルーペの1種)のことをさすことも多いです。虫眼鏡は凸レンズを利用して物を拡大して観察できるようにしてあります。

ルーペという名称はドイツ語から来ています。


顕微鏡 けんびきょう Microscope

微生物など、目には見えないほど小さい物体を観察するのに用いられる器具です。顕微鏡にも色々な種類がありますが、代表的な分類方法は、何を利用して観察物の像を見るかによって分類するものです。光を利用するものは光学顕微鏡、電子を利用するものは電子顕微鏡、といった具合です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mathgalois

Author:mathgalois
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。