スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学生物① 植物のつくりとはたらき

植物 しょくぶつ Plant
何を植物とするかを正確に定義することは難しいです。草や花や木など、根っこを持ち動物ではないもの、というぐらいの認識でよいと思います。植物は太陽の光を利用し、光合成という行為によって酸素を作り出してくれています。

花 はな Flower
花は(花が咲く)植物にとっては、子孫を残す行為をする器官になります。花の一部分であるめしべとおしべが受粉をすることによって種をつくります。

受粉 じゅふん Pollination
おしべからでた花粉が、めしべにくっつくことを受粉といいます。めしべが受粉するとめしべの子房といわれる部分がふくらみ果実になります。果実の中には種がふくまれています。

胚珠 はいしゅ Ovule

胚珠は小さい卵、というイメージを持ってください。めしべの中、もしくはめしべの近くにあり、成長して種になる部分です。

種子 しゅし Seed
種子は一般には種(たね)と呼ばれることも多いです。胚珠が成熟して種子になります。

子房 しぼう Ovary

めしべの一部分です。受精後に子房が発達して果実になります。

果実 かじつ Fruit
一般には実(み)と言われることも多いです。めしべの一部分である子房が発達して果実になります。人間が食べる果物や野菜というのは植物の果実の部分です。

種子植物 しゅししょくぶつ Spermatophytes ; Phanerogams
種子(種)を作ることにより子孫を残していく植物のことをまとめて種子植物といいます。

被子植物 ひししょくぶつ Flowering plants; Angiosperms; Angiospermae ; Magnoliophyta
種子植物のうち、胚珠が子房に包まれているものを被子植物といいます。「被」という漢字には「おおう」という意味があります。子房が胚珠をおおっているので「被子植物」といいます。

裸子植物 らししょくぶつ Gymnosperms
種子植物のうち、胚珠が子房に包まれておらず、むき出しになっているものを裸子植物といいます。「裸」は「はだか」という意味です。胚珠が裸のようにむき出しになっているので「裸子植物」と呼ばれます(子房がむき出しになっているわけではないので注意が必要です)

根毛 こんもう Root hair ; Rhizoid of a vascular plant

根っこから生えている毛のようなものを根毛といいます。根毛があることによって、水や栄養が吸収しやすくなっています。

主根 しゅこん Primary root
真っ直ぐ下に伸びた、根っこの中でも中心的役割を果たす根っこのことを主根といいます。主根の脇から何本もの側根が生えています。(ただし、単子葉植物といわれる植物は主根があまり発達しません)

側根 そくこん;そっこん Secondary root; Lateral root
主根から横に向かって生えた根を側根といいます。

ひげ根 
植物の主根が発達せず、ひげのようになった根っこのことをひげ根といいます。トウモロコシやネギはひげ根になる植物です。

維管束 いかんそく Vascular tissue

植物の内部にあり、水や栄養を植物の体全体にいきわたらせるためのパイプのようなはたらきをする組織を維管束といいます。導管や師管は維管束の一部です。

導管 どうかん Xylem
根が吸収した水分を植物の葉などに送るための管(くだ;チューブ)のような形をした組織。

師管 しかん Phloem
栄養分を植物の各部分に送るための、管のような形をした組織のこと。

葉脈 ようみゃく 
葉っぱを観察すると筋のようなものが見えると思いますが、その筋のことを葉脈といいます。葉脈の中には維管束が通っていて、水分・栄養の通り道になっています。葉脈の見た目には「平行脈」と「網状脈」の2種類があります。

平行脈 へいこうみゃく 
葉脈がほぼ平行になっているものを平行脈といいます。

網状脈 もうじょうみゃく

葉脈が網のようになっているものを網状脈といいます。

葉緑体 ようりょくたい Chloroplasts
植物の細胞の中にある器官の一つです。葉緑体が光合成を行います。

気孔 きこう Stoma
葉っぱなどにあいている小さな小さな穴のことです。「孔」という漢字には「穴」という意味があります。葉っぱの表側より裏側のほうが気孔が多くある植物が多いです。光合成・呼吸・蒸散のときには、気孔を通じて植物の外部と気体の交換を行います。

蒸散 じょうさん Transpiration

植物から水分が水蒸気となって放出される働き・現象のことを蒸散といいます。蒸散の大部分は葉の裏側で起こります。

光合成 こうごうせい Photosynthesis
植物などが行っている、太陽の光を利用し水と二酸化炭素から糖類(でんぶんなど)を作り出す働きを光合成といいます。光合成の結果として酸素も作り出され、空気中に放出されます。

(植物の)呼吸 (しょくぶつの)こきゅう Breathing

植物も、動物と同じように、呼吸をします。気孔から体内に酸素を取り入れて、気孔から二酸化炭素を体外にだします。
FC2 Management

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:mathgalois
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。