スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイラーの多面体定理

正多面体の面の数・頂点の数・辺の数に関して次の公式があります。

(頂点の数)-(辺の数)+(面の数) =2

この公式は「オイラーの多面体公式(または多面体定理);Euler's polyhedron formula (or theorem)」と呼ばれるものです。頂点・辺・面の複数形をそれぞれ英語で「vertices・edges・faces」というので、それらの頭文字をとって:
V - E + F =2
と表されることも多いです(「辺」は平面で考える場合は英語では「sides」と呼ばれることもあります)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mathgalois

Author:mathgalois
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。