FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際単位系(こくさいたんいけい)

国際単位系とは「国際的に使われている単位の体系(=関連したひとかたまり)」のことです。単位というのは国々によって違う場合が多いですが(例えば日本では土地の面積を表すのに「坪(つぼ)」という単位があります)、それでは困ることがでてくるので統一した単位を使おう、という考えです。

国際単位系はSI(エスアイ)とも呼ばれます。これはフランス語の「Système international d'unités」の「systeme」と「international」の頭文字をとったものです(ちなみに英語では「The International System of Units」といいます)。

国際単位系には7つの「基本単位」と、基本単位を組み合わて出来ている「組み立て単位」があります。「基本単位を組み合わせる」というのは、基本単位の記号を代数のときの文字のように扱って、その文字の累乗や掛け算・割り算で単位を表す、ということを意味しています(注:基本単位の掛け算などの形で書かずに、別の1文字で置き換えたものも組立単位と呼ばれます。例えば「力」というのは「質量×加速度」なのでそれぞれの単位を使った「kg・m・s^-2」と書くことも可能ではありますが、「N(ニュートン)」という単位で表されるのが普通です。「N」も組立単位です。

7つの基本単位

何を表しているか?/ 名称(日本語・英語) / 記号
長さ / メートル・meter / m
質量 / キログラム・kilogram / kg
時間 / 秒・second / s
電流 / アンペア・ampere / A
温度 / ケルビン・kelvin
光度 / カンデラ・candela [kænˈdɛlə;kænˈdiːlə] / cd
物質量 / モル・mole / mol

が基本単位になります。これらの単位に「接頭辞」がついたものも良く使われています。例えば「cm(センチメートル)」など。接頭辞とは「単語の前にくっつき、その単語の意味を変化させるもの」のことで、英文法の授業などで聞いたことがある人も多いと思います(単位で接頭辞といった場合は「意味の変化」というより「数」の変化ですが…)


組立単位の例 

何を表しているか? / 名称(日本語・英語) / 記号
面積 / 平方メートル・square meter / m^2
加速度 /メートル毎秒毎秒(めーとるまいびょうまいびょう、と読みます)・meter per second squared / m/s^2

などがあります(組み立て単位は数多くあります)。

組み立て単位を考えるときには、単位の記号を代数のときの文字と同じように考えると理解が簡単になります。例えば、加速度というのは、単位時間(=基準となる時間)あたりの速度の変化のことであるので:
速度 [m/s]÷ 時間[s] = [m/s]×[1/s] = [m/s^2]
という風に、普通の文字のように計算して出来ていると考えることができます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mathgalois

Author:mathgalois
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。